新宿スバルビル

ビル/施設 カテゴリー 第 10 位 / 4,316 PV

西新宿1丁目 閉店/閉館
閲覧数: 4,316  投稿日: 2011 5 25 日  更新日: 2021 1 31

新宿スバルビル とは?

「中央通り」の新宿駅西口側角にあった、「富士重工業株式会社」所有の 9 階建て オフィスビル

所在地

〒160-0023 新宿区西新宿1-7-2

電話番号

03-3347-2496

基本情報

「新宿スバルビル」は、「中央通り」の新宿駅西口側角にある、「富士重工業株式会社」所有の 9階建て オフィスビルです。
「富士重工業株式会社」本社部門の他に、銀行やさまざまな飲食店、大手旅行会社がテナントとして入居しています。
「富士重工業株式会社」の 100 %子会社である「スバル興産株式会社」が、運営しています。

紹介文

新宿スバルビルには、富士重工業(株)の本社部門の他に、銀行やさまざまな飲食店、大手旅行会社があり、貸会議室等、日々多くの皆様に当ビルをご利用いただいております。

特徴

新宿スバルビルの地下壁面には、パブリックアート「新宿の目」が設置されています。
※ 1969 年に、彫刻家の宮下芳子さんが制作しました。高さは 3.4 メートル、幅は 10 メートル。

敷地面積

1,600 ㎡( 484 坪)

売却

「富士重工業株式会社」は、2010 年 8 月 30 日に、「新宿スバルビル」および同敷地を、「小田急電鉄株式会社」へ 340 億円で売却しました。

解体

「小田急電鉄株式会社」は、「新宿スバルビル」を解体しました。
※ 2018 年 8 月 ~ 2019 年 5 月。

「新宿スバルビル」があった場所は、現在どうなっているの?

「新宿スバルビル」があった場所は、現在は「SHINJUKU ODAKYU PARK」として、暫定利用されています。
※イベント開場として利用されています。

その他

「新宿スバルビル」を「小田急電鉄株式会社」が取得してからの動きが遅い理由

※「小田急電鉄株式会社」は「新宿スバルビル」を 2010 年に取得しましたが、10年経過した 2021 年時点でも再開発を行わず更地のイベント会場として利用しています。

理由 1

「富士重工業株式会社」が、「新宿スバルビル」を「小田急電鉄株式会社」へ売却後も、「エビススバルビル」を建て替えるまで引き続き賃貸入居したため

理由 2

同エリアが、東京都の「新宿の拠点再整備方針」の対象エリアとなっているため
※整備事業に着手するまで、「小田急電鉄株式会社」単独では開発できないものと思われます。

「新宿スバルビル」に関するニュースリリース配信履歴

配信年月日 ニュースリリースタイトル 配信者名
2010年 8 月 30 日 本社移転および新宿スバルビルの売却に関するお知らせ 富士重工業株式会社
2019年 8 月 5 日 新宿スバルビル跡地の暫定利用を開始! 「SHINJUKU ODAKYU PARK」8月22日オープン ~新宿西口エリアのにぎわい醸成・活性化に向けた取り組みを推進します~ 小田急電鉄株式会社

年表

1953 年(昭和 28 年) 7 月 15 日

「富士重工業株式会社」を設立しました。
本社、東京都新宿区角筈二丁目73番地、東富士ビル

1954 年(昭和 29 年) 5 月

本社を 千代田区丸の内二丁目18番地、内外ビルへ移転しました。

1966 年(昭和 41 年) 1 月

(「富士重工業株式会社」は「東富士ビル」跡地に「新宿スバルビル」を建設し、)本社を、新宿区角筈(現:西新宿1-7-2)へ移転しました。

2010 年 8 月 30 日

「富士重工業株式会社」は、本社を置いている新宿スバルビルおよび同敷地(「富士重工業株式会社」と「富士重工業株式会社」の子会社である「スバル興産株式会社」の共同所有)を、「小田急電鉄株式会社」へ 340 億円で売却する契約を締結しました。

平成 22 年8月 30 日

会 社 名 富 士 重 工 業 株 式 会 社
代 表 者 名 代表取締役社長 森 郁夫
(コード番号7270 東証第1部)
問 合 せ 先 総 務 部 長 中村 俊雅
(TEL 03-3347-2005)

本社移転および新宿スバルビルの売却に関するお知らせ

当社は、本日行われました取締役会において、下記のとおり本社移転を決議するとともに、現在本社を置いている新宿スバルビルおよび同敷地(当社と当社の子会社であるスバル興産株式会社の共同所有)を、小田急電鉄株式会社に売却することを決議いたしましたので、お知らせします。

1.移転先
東京都渋谷区恵比寿一丁目20番8号

2.移転日(予定)
平成26年10月

3.移転理由
当社は、本社所在地である新宿を中心に、恵比寿、三鷹、大宮に機能が分散し、効率が悪化していることに加え、現在本社を置いている新宿スバルビルは築後44年が経過し、床面積も不足していることから、本社機能の再編・強化を図り、業務の効率化をさらに進める必要があると考えております。
そのため、現在当グループが恵比寿に所有しているエビススバルビルを建替え、完成後に本社機能をその地に移転します。なお、この建替えの規模につきましては現在未定であります。
また、新宿スバルビルにつきましては、小田急電鉄株式会社に売却いたします。

5.その他
(2)今回、売却します新宿スバルビルおよび同敷地の内容、売却日程等は以下の通りであります。
◆売却資産の内容
○資産内容および所在地 スバルビル 東京都新宿区西新宿一丁目7番2号
○敷地面積 1,600 ㎡(484.0 坪)
○ビル床面積 20,385 ㎡(6,166.5 坪)
○簿価価格 7,410 百万円(建物;1,139 百万円、土地;6,271 百万円)
○売却予定価格 34,000 百万円
○売却益(税前利益) 25,000 百万円(概算)
(富士重工業株式会社 5,000 百万円、スバル興産株式会社 20,000 百万円)

◆売却先の概要
○名 称 小田急電鉄株式会社
○本店所在地 東京都渋谷区代々木二丁目28番12号
○代 表 者 大須賀 賴彦
○資 本 金 60,359 百万円
○設立年月日 昭和23年6月1日
○純資産(連結) 213,218 百万円(平成 22 年 3 月 31 日時点)
○総資産(連結) 1,299,289 百万円(平成 22 年 3 月 31 日時点)
○主な事業 鉄道業、不動産業、その他事業
○上場会社と当該会社の関係
当社及び当社の関連会社と当該会社との間には、記載すべき資本関係、人的関係、取引関係はありません。また、当該会社は当社及び当社の関連会社の関連当事者には該当しません。

◆売却の日程
○平成22年8月30日 取締役会決議
○平成22年8月30日 売買契約締結
○平成23年4月28日 物件引渡し

新宿スバルビルについては、物件の引渡しを2011年4月28日に予定していますが、富士重工業は引き続き4年間を目途に賃借し、この間に現在のエビススバルビルの建替えを行い、本社を移転します。

2011 年 3 月

東日本大震災後、節電のため、新宿スバルビルの地下壁面にあるパブリックアート「新宿の目」を消灯しました。

2011 年 4 月 28 日

「富士重工業株式会社」は、新宿スバルビルを「小田急電鉄株式会社」へ引き渡しました。

2014 年 8 月 18 日

「富士重工業株式会社」は、新宿(新宿区西新宿1-7-2)から恵比寿(渋谷区恵比寿1-20-8)へ本社を移転しました。

2015 年 2 月

東日本大震災後、節電のため消灯していた新宿スバルビル地下壁面パブリックアート「新宿の目」を点灯しました。

2018 年 8 月

「小田急電鉄株式会社」は、「新宿スバルビル」地上部分の解体工事に着手しました。

2019 年 5 月

「小田急電鉄株式会社」は、「新宿スバルビル」の解体工事を完了しました。

2019 年 8 月 22 日(木) 

「小田急電鉄株式会社」は、新宿スバルビル跡地の暫定利用として、「SHINJUKU ODAKYU PARK」をオープンしました。

2019年8月5日

新宿スバルビル跡地の暫定利用を開始!
「SHINJUKU ODAKYU PARK」8月22日オープン
~新宿西口エリアのにぎわい醸成・活性化に向けた取り組みを推進します~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2019年8月22日(木)から当面の間、新宿スバルビル跡地を「SHINJUKU ODAKYU PARK」として、暫定利用することを決定しました。
新宿スバルビルは、1966年に建設され、2010年に当社が取得した物件です。2018年8月から地上部分の解体工事に着手し、2019年5月に完了しています。同エリアは東京都の「新宿の拠点再整備方針」の対象エリアとなっており、整備事業着手までの間、暫定利用を行います。
当社グループにおいて、新宿西口エリアは流通業をはじめとした主要エリアであり、これまでもグループ連携によるイベントのほか、新宿中央公園におけるシアターイベントやキャンドルナイトの実施など、地域関係者とも共同したエリア活性化に向けた取り組みを推進してまいりました。
本暫定利用についても、エリアのにぎわい醸成・活性化への寄与を目的とし、公園(=PARK)として楽しい時間をお過ごしいただきたいとの想いを込め「SHINJUKU ODAKYU PARK」の名称としています。今後は、「SHINJUKU ODAKYU PARK」を活用し、来街される方が一体となれる施策の開催などを通じて、エリアのにぎわい醸成・活性化に加えて、新宿への愛着やつながりの創出を目指してまいります。

新宿スバルビル跡地「SHINJUKU ODAKYU PARK」の概要は以下のとおりです。

1 名 称 SHINJUKU ODAKYU PARK
2 所 在 地 東京都新宿区西新宿1丁目7番地
3 期 間 2019年8月22日(木)から当面の間
4 敷地面積 1, 600.09㎡
5 内 容
第一弾は、別紙の通り「ラグビーワールドカップ メガストア」が出店します。
第二弾以降については、エリアのにぎわい醸成・活性化につながるテナントの誘致等を目指しています。内容は、決定次第ご報告します。

地図

定点写真で振り返る。「新宿スバルビル」 の変遷

2007

2007年9月、「新宿西口ハルク」方面へ向けて撮影しました
2007年9月15日10時53分。「新宿西口ハルク」方面へ向けて撮影しました。左手前が「新宿スバルビル」で、左奥は「三井住友銀行 新宿西口支店」が入居している「松岡セントラルビル」です。
矢印キーで移動します

新宿アルタ

村上ビル

Twitter検索結果。「新宿スバルビル」に関する最新ツイート

ししゃも@プロジェクトピカチュウ @sisyamo2580k5